「時効廃止」読破

IMAG8169姉小路祐氏の著書「時効廃止 署長刑事」を読み終えました。

このシリーズは、やっぱ面白かったですよ。途中まで時効のこととかあんまり関係なくて、思わずタイトルの「時効廃止」というのを忘れてしまいました。そこに重きが置かれていないんですよ。最後に、この事件には時効が大いに絡んでいるな、と。事件そのものは、17年前に起こったことを発端に、17年後、次の事件が起こるといった感じです。誰もが自殺と思われていた事件が、ある刑事の勘で、他殺である可能性が出てきた。キャリア組で署長である古今堂は、現場を経験してこそ警察組織を率いることができるという真面目で正義感の強い男で、部下の嗅覚を信じ、一緒に事件を調べていきます。古今堂自身が決して有能な刑事というわけではないんです。彼はあくまで新人警察官。でも、リアルに実直に事件に向かっていくサマがいいのだと思います。これは、

2011年以降に書かれたもので、東日本大震災のことが触れられていました。そして、続きはあと1冊出ています。恐らくこれもほかのシリーズもののように、暫く続いていくシリーズになっていくと思うので、これから先も楽しみです。

次に私が読もうと思っているのは、コチラです。

IMAG8172堂場瞬一さんの著書「検証捜査」です。これも純警察小説みたいで、大変興味深い。早速今晩から読んでいこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください