挑発 -笹本稜平-

IMAG4748 Word Expressにて初投稿。

私が昨日読み終わった本、笹本稜平氏の「挑発」

この本は、「越境捜査」シリーズの第2作目ですが、本当に面白かったです。

そもそも、警視庁の刑事と神奈川県警の刑事、それにヤクザがツルんで事件解決なんてもはあり得ないのですが、読んでみると凄く説得力がある。

読み始めた時、この本がパチンコ業界の裏を舞台にしていると知ってちょっと躊躇しました。

私はパチンコが全くわからない。

でも、そんなの全然知らなくても理解できました。

あくまで警察小説であるからにして、警察の基礎知識さえあれば誰でも読めます。

このシリーズ、かなりハマりますね。

IMAG4746そして、次に私がチョイスした本は、同じく笹本氏の「不正侵入」です。

これは越境捜査シリーズとは別物で、シリーズもんなのかどうかもわかりません。

最初の2ページくらい読んでみましたが、いきなりまたヤクザ絡みだということがわかりました。

そういう小説って、男性作家ならではなんでしょうか・・・まだ内容は全くわかりませんが、今晩から本格的に読んでいくつもりです。

かなり楽しみにしています 🙂

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください