佐伯泰英氏の著書3冊購入

20150501_105756

今回、思い切って3冊の本を同時購入しました。しかも、全部佐伯泰英氏の著書という・・・ハマりすぎでしょ(笑)

1冊目は一番左、「悲しみのアンナ」です。先日私が読破した「五人目の標的」が、警視庁国際捜査班シリーズの第1作だったのですが、これは2作目です。このシリーズは無難に読みこなせそうなので、読み続けようかなぁと思って・・・。

2冊目は真ん中、「ユダの季節」です。これは、佐伯氏得意の、スペインのお話みたいです。軍事政権の指導者、フランコが出てくるあたりがとても楽しみ。これは「眠る絵」にも共通することで、スペインの王政は1975年に復古しましたが、それまで第二次大戦後からはずっとフランコ政権だったんですよね。その時代を背景にしたサスペンスは、最近本当に興味深く読んでいます。

3冊目は一番右、「ダブルシティ」です。こちらはそれまでの2作とはまた違い、日本で起きたテロ事件を扱っています。サスペンスなら断然国際モノを書くような印象があったのですが、どうやらこれは普通に警察小説だったりして!?いや、佐伯氏の傾向からすると、必ず国際組織とかが絡んでいるはず。まぁ絡んでいなくても、面白ければいいです。

どの順番から読もうかな?なんて今からワクワクしていますが、差し当たり今は「フォックス・ストーン」に集中したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください