「侵食捜査」「限界捜査」購入

またまた本を購入。安東能明氏の著書「侵食捜査」と「限界捜査」です。

安東氏の著書には当たり外れがあるような気がして、アマゾンで私の購入履歴を調べたんです。そしたら、そこまでハズレっていうのは読んでいなかったなぁ、と・・・・。それに、純警察小説なら、基本的に私はどれでも楽しめますからね。勿論、自分との相性っていうのもあるのですが、警察小説を読んでいるときは充実感でいっぱいになっていますから、まぁ捜査している刑事さんの物語を読むだけで基本的に幸せになれるのが私なんだな、と思います。この2冊はシリーズモノで、赤羽中央署生活安全課の疋田務という刑事が主人公のようです。シリーズモノといっても、今のところ、この2冊しか出ていないのかな??というわけで、一応コンプリートする形で2冊同時購入しました。読むときに順番を間違えないようにしないと損した気分になるので、気をつけます。今は全然別の本を読んでいますから、読むのはだいぶ先になると思います。いずれにしても、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です